劇的な勝利

ぶたのしっぽ

劇的な勝利

ふぅ。やっと仕事終わったー。 さー、急がなきゃ。電車で武蔵小杉で降りてバスに乗りました。

きょうは応援してる川崎フロンターレの国際試合 アジアチャンピョンズリーグ ACL なんです。 これまでに3戦していて1勝2敗。 きょうの対戦相手は、オーストラリア ウエスタンシドニー。 小野選手がいて、昨シーズン優勝した強豪チームなんです。 前回シドニー近郊で行われたゲームでは1-0で惜敗しました。 きょうは負けられません。

ちゅるちゅる、おいしい、ぶひ。

おなかすいたー。遅れてきたので、勝サンドとビールでおなかを満たしました。 だんなは、ラーメン食べたらしい。

「ちゅるちゅる、おいしい、ぶひ。」

サポーター シドニーのサポーター

こんな平日のゲームなのに1万人以上もはいりました。 シドニーからもサポーター応援にきてますよ。 "Welcome to Todoroki Stadium. Thank you for Western Sydney supports." ってアナウンスされ、川崎サポーターから大きな拍手が送られると、彼らも反応してました。

ゲーム

ウエスタンシドニーは、赤と白のストライプ柄のアウェイユニフォームです。 フロンターレはパスサッカーを展開し果敢に攻めますがゴール前には体の大きな選手が壁のように立ちはだかって、なかなか得点できません。 前半24分、ちょっとした隙を狙われて先制されました。

1-0になったウエスタンシドニーはどん引きサッカーです。 ますますゴール前に壁が、、、前半はこのまま終わってしまいました。

後半も何度もシュートはするんですけどバーに阻まれたりと得点になりません。 後半の半分をすぎても無得点。 ところが74分、MF14 中村が右サイドからゴールに切れ込んで角度の無いところからシュート。 これが相手ディフェンダーに当たってゴール!!

1-1になると、さすがにウエスタンシドニーも攻めてきます。 彼らだって勝ちたいんです。 両者白熱する攻防を制したのはフロンターレ。 88分、MF16 大島が25mくらいのミドルシュートを放つとまっすぐにボールはゴール左隅にすいこまれていきました。 やったー!! 2-1で逆転です。

スコアボード

もーねー、負けるかもって思ってたから、めっちゃうれしい。うるうる。

大島くんは、まだ21歳。U-21日本代表です。 ゲーム後のインタビューで、あの時、ディフェンスに隙間があってゴールが見えたから、おもいっきり蹴ったと言ってました。

ありがとう大島くん。 これでACL 2勝2敗。勝点6で、ウエスタンシドニーと並びました。 ACL グループHの首位は韓国 蔚山現代(ウルサンヒュンデイ) 勝点7。 あと1勝すればグループステージを突破できるかもしれません。 がんばれー。