春の晩餐

ぶたのしっぽ

春の晩餐

散歩からの帰りにスーパーに寄りました。 美味しそうな天然真鯛が516円でした。千葉産で800gくらいでしょうか。 鱗をとってもらって、皮つきのまま3枚におろしてもらって、アラもつけてもらいました。

鯛は、まな板に皮を上にして並べて、キッチンペーパーをかぶせ、上から熱湯をかけて霜降りにして、すぐに氷水で冷やして水気をふきとりました。

  • 鯛のお刺身

  • スナップエンドウの塩ゆで

  • 小松菜と釜揚げ桜エビの炒め物

みてー、鯛のお刺身おいしそうでしょー。 だんなが切ってくれました。 霜降りにしてあるのと天然なので脂がほどよくて皮もおいしいです。 最初、醤油をつけて食べてたんですけど、そうだ!塩だよね。 岩塩をつけて食べると、これがまた旨いの。 醤油より塩の方がいいね。 だんなは海を食べてるみたいだって。(笑)

あとスナップエンドウの塩ゆで。 これね、そのままでもさっぱりして優しい甘みがあっておいしいんですけど、オリーブ油にちょっと塩を加えてドレッシングのようにつけて食べると、またおいしい。

もう一つは、小松菜と釜揚げ桜エビの炒め物です。

シャンパン

宴にはシャンパンですよね。 あー、美味しい。 春は美味しいですね。