ACLグループステージ最終戦

ぶたのしっぽ

ACLグループステージ最終戦

きょうは平日なんですけど、わたしが応援しているサッカー 川崎フロンターレの大事なゲームがあるんです。 仕事の都合でちょっと遅れると思うけど応援に行くよ。

フロンターレ vs ヒュンデイ

案の定、仕事が終わったのは6時すぎ。 急いで電車に乗ったけど、等々力に着いたのは7:20pmでした。 お腹すいたぁ。旦那が買っておいてくれた勝サンドをむしゃむしゃ。一気に全部食べちゃった。 むせそうな勢いで食べたら、あれ、チャンスだ。あ、入った。 フロンターレ先制!

先制したよってtwitterでつぶやこうとしてたら、また点が入った。FW13 大久保のゴールが決まって2-0に。 でもすぐ後に現代のラフィーニャに決められ2-1に。 前半から打ち合いの様相です。

ラフィーニャはガンバ大阪で活躍してた選手で、フロンターレ戦でハットトリックを決められたなんとも苦い思い出の選手です。 Kリーグにいたんですね。


だんなに先に入場してもらってました。

ちゅるちゅる ぱくぱく

「ちゅるちゅる、おいしい。」

「ぱくぱく。おいしい。」

ちょっとー、わたしがおなかすかせて、急いで来る間に、いっぱい食べてるじゃん。うーーん。

ハングル

まぁ想像はしてたんですけど、ウルサン現代のサポーターはさすがに少ないです。 フェリー事故があってから、韓国では多くのイベントが中止になっています。 サッカーも中止や開催しても抑制的な雰囲気だそうです。

日本も3.11からしばらくはそうでしたから、その気持ちはよくわかります。 一人でも多くの方が救命されることを願っています。 できればお隣なんですから支援の要請を快く受け入れてもらえるとありがいのですが、、、

ウルサン現代のサポーター席には、こんな横断幕がかかっていました。 ハングル読めないんですけど、何て書いてあるんでしょう。 最後の「!!!」だけしかわかりませんけど、抑制的な青地の白抜きメッセージなのでフェリー事故に関するものではないかと思えます。


ゲーム カメラマン

ゲームに戻りましょう。 前半、2-1で折り返して、後半もお互いに攻め合いでした。 Kリーグは当たりの厳しいことで有名で、何度も倒されたりして、イエローカードが現代に3枚、フロンターレにも2枚でました。

おどろいたのがカメラマンの多いこと。 これフロンターレ側なので、日本のプレスが多いんだと思うんですけど、普段こんなにいないのに。 国際ゲームだからでしょうか?今日は日本で開催される試合が、等々力だけだからかな。

厳しい攻防の中、77分でした。 コーナーキックからDF5 ジェシの豪快なヘディングが決まって、3-1に。 滞空時間が長くて高いヘディングはスローモーションのようでした。 やったー!! もーねー、ジェシが加入してからコーナキックなどのセットプレイで得点できるようになったんです。 本当にフロンターレはセットプレイが下手だったんです。 ジェシありがとう。

ゲームはこのまま終了。勝ちました。 これでグループステージ突破が決まりました。 グループHは、小野選手のいるウエスタンシドニーと川崎フロンターレが勝点12でならびましたが、得失点差でグループ2位となり 、決勝ラウンドに進みます。