立ちねぷた

ぶたのしっぽ

立ちねぷた

今夜はねぷた祭りをみにいきましょう。

かわいい?

浴衣にしました。かわいい?

レトロ電車 おでかけ、たのしい、ぶひ。

きょうは電車で行きます。お祭り向けに臨時電車がありました。行くのは五所川原です。弘前と青森の間って感じかな? 懐かしいボックスシートですよ。

「おでかけ、たのしい、ぶひ。」

電車は五能線を走ります。あのリゾートしらかみが走るのと同じ路線です。リゾートしらかみ乗ってみたいなぁ。

五能線は初めて。車窓からはリンゴがいっぱいみえます。手を伸ばすと届きそうなくらい。 よ~くみるとリンゴはまだ青いけど赤い実もあります。桃かな? それにブドウも。 五能線沿いはフルーツたくさん作ってるんですねぇ。楽しい~。

ねぷたの模型 たちねぷた

五所川原に着きました。駅のホームにはねぷたの顔だけの模型がありました。顔だけで人より大きいし。すごいねぇ。

駅を出るとすぐそばに大きな立佞武多(たちねぷた)ありました。おっきーよ。10m以上ありそう。

津軽鉄道の駅

JRの五所川原駅に併設されてました。津軽鉄道の駅です。 ストーブ列車って知ってますか? 冬にストーブを炊いて、ストーブでするめとか炙って食べれるんですよ。 しかも今年はそれを夏にも観光列車でやってるんだって。 夏にストーブなんてめっちゃ暑いし(汗)。 お客さんにはアイスとか配られるんだって(笑)。

どこでみるのがいいかわかんないけど、下駄はいてるからあんまり遠くにはいきたくないよ~。 とりあえず駅前から続く通りを歩いて行って、大きめの交差点まできました。 歩道に沿って人がたくさん座ってました。 ここでいいかなぁ。

有料観覧席

この交差点には有料の観覧席もありました。ちょっと高い台の上にイスが並べられてました。でも3000円くらいするらしい。

おいしい、ぶひ。

「おいしい、ぶひ。」

お祭りに定番の焼き鳥とか焼きそばとか売ってる露店がたくさんありました。ピラフとかナポリタン、おでんやお好み焼きとかもあったみたい。 下駄じゃなければB級グルメツアーしてもいいんだけど、、、とりあえずだんなが唐揚げと、春巻き、焼きそばを買ってきてくれました。 けっこう美味しいです。

ねぷた

待っていると、ねぷたの山車がどんどんやってきました。山車の後ろにみえているのが立佞武多の館っていうビルです。ぱっと見は市役所? って感じの茶色いビルで、この中に超大型ねぷたが置いてあるんですよ。 通年で観れます。

前にみにきたよね。立佞武多の館

大型ねぷた

そして駅前通りに順に並んでお祭りが始まるのを待っていました。 その中でもこの大きさ! となりのビルと比べてよ。ビルの5階を越えてるし。 人と同じくらい大きな太鼓を2つも積んでるからがっしりした鉄骨仕立てだよ。

外人

この大きな太鼓の付いたねぷたにはたくさん外国人の方が参加してました。 ALTかな? 学校で英語を教えてくれる先生のことです。

お祭りに参加してねぷたを引く人や、観光でみにきた人などけっこう海外からもいらしてるんですね。

吉幾三

ねぷたの運行が始まる前に、ちょうどわたしたちがいる交差点で吉幾三のライブが始まりました。 ♪やってまれ、やってまれ。 って連呼する五所川原立佞武多の歌を披露してくれました。 地元のダンサー?も歌に合わせて踊ってくれて楽しいですね。

吉幾三はここ五所川原が地元なんです。地元の夏祭りに招待されて歌えるってうれしいでしょうねぇ。 ♪やってまれ、やってまれっていうテンポのいい歌声が印象的でずっとリフレインして耳から離れません(笑)。

ねぷた 中型ねぷた

ねぷた始まりました。笛や太鼓のお囃子に加えて小さいシンバルみたいなも合わさってとっても賑やか。 掛け声は吉幾三も歌っていた♪やってまれ、やってまれですね。

手振鉦

シンバルを小さくしたような鳴り物です。両手に持って打ち鳴らします。手振鉦(てぶりがね、てびらがね)や、ジャガラとも呼ばれるみたい。

跳人

中にはお揃いの衣装を着て踊る人たちもいましたよ。 衣装は青森ねぶたの跳人(はねと)みたいですねぇ。

大型ねぷた

やってきました~。大型ねぷたです。ビルの5階くらいありそう。うわーすごいねー。 立佞武多は写真とか映像ではみたことあるけど、実際にそれが動いてる迫力は全然ちがうよ。 うわーすごい。

大型ねぷた

あ!鎧に愛の文字が入ったねぷたも来たよ。愛ってことはこの間大河ドラマやってた直江兼続でしょうか。

ちょうど一巡したのかな? あれ? まだ出雲の阿国みてないよ。 帰りの電車の事もあるしねぇ。。。。

出雲の阿国

だんなが超大型ねぷたが収納してある立佞武多の館の近くまで行ったら、ちょうど超大型ねぷたが動き始めてたみたい。 超大型は、なんと21m。ビルの7階相当だって。

今年制作された出雲の阿国ですねぇ。 わたしもみたかったけどさ。 これが駅前まで来るにはあと1時間くらいかかるでしょ。 電車乗れないし。しょーない。帰るか。

五所川原駅からの帰りの電車も臨時だったんですけど、駅の改札から少し長めの行列ができてました。。。 なんとか座れました。 ボックスシートのお向かいは女子大生でした。 ちゃんと浴衣も着てねぷたをみにきたそうです。 こぶちゃん、かわいいっていってくれたもんねぇ。

ちょっと疲れたけど楽しかった。