瀬戸内とアートの旅 : 倉敷へ

ぶたのしっぽ

瀬戸内とアートの旅 : 倉敷へ

お休みっていいですねぇ。さぁ、今日は楽しみにしていたおでかけです。

晴れ

わーい、いい天気。おでかけ日和です。

新幹線

品川に来ました。まだ少し時間があるのでお茶しましょうか。

お茶 「ちゅ~、ちゅ~。おいしぃ、ぶひ。」 「どこいく、ぶひ。」 これから、びゅーんに乗るんだよ。 「???」

まめちゃんはまだびゅーん乗ってないもんねぇ。

案内 のぞみ

びゅーんは、「のぞみ」です。 入線してきたのは、N700系です!! いいですねぇ。 足を伸ばしてもゆったりー。

テーブル 景色

まめちゃんは、のぞみが気に入ったようです。 窓の外を流れる景色をじっと見つめていました。

さぁそろそろお弁当にしましょうか。

なだ万お弁当 幕の内

わたしはちょっと奮発してなだ万のお弁当です。 もう一つは普通の幕の内です。

まめちゃんも、お弁当の方が好きなようです。 「まめにもごはんください。」 「おいしい、ぶひ。」 「もぐもぐ」

倉敷

のぞみを岡山で降りて、在来線に乗り換えてしばらくすると到着しました。ここは倉敷です。

水路 街並み 板塀

江戸時代の古い街並みが大切に保存されています。 白壁と板塀のコントラストがキレイですね。 水路がいいですよねぇ。 水路をはさんで両岸にそうした建物が並んでいます。 柳の木もステキですね。

散策を楽しむ観光客の姿をたくさん目にします。 海外の方もふつうにいらしてるようです。

本館 分館

その一角に来てみたかった「大原美術館」があります。 倉敷の豪商だった大原氏が収集した美術品を展示しています。

大原美術館には、ルノワールやマチスなどフランス絵画の名作がたくさん収蔵されていて、よく東京などの展覧会に貸し出されています。 中には世界の収集家が「ここにあったのか」と感嘆するような作品もあるそうです。 もちろん日本の画家の作品も収蔵されています。岸田劉生や梅原龍三郎など。 収蔵されているのは、絵画だけではありません。 彫刻、版画、仏像、シルクロード時代の陶器など多様です。

一度来てみたかったので、すごく満足です。 みなさんも一度いかがですか?

宿泊

外観 室内

泊まるのは安くあげるためにビジネスホテルです。 「ドーミーイン倉敷」といいます。 今年できたばかりで、ぴかぴかです。

内風呂 露天風呂

ビジネスホテルなのになんと温泉付き。 なめると結構しょっぱいんです。 でも、湯上りはお肌さっぱり、すべすべですよ。

美観地区

部屋からはさきほど散策をした倉敷美観地区がよく見えます。 いつまでも残ってほしい日本の美しさですね。

夕食は、ホテルの向かいにあった居酒屋さんにしました。 これが大正解。

小魚の素揚げ レンコンはさみ揚げ 鯛のお刺身

瀬戸内の小魚の素揚げや、レンコンはさみ揚げ、なんといっても鯛のお刺身のおいしいこと! 歯ごたえがコリコリしていて最高です。 瀬戸内の鯛は絶品ですね。

わたしたちは小食なのでこんな風に小さいポーションで色々食べれると楽しいです。

「むしゃ、むしゃ。おいしい、ぶひ。」 まめちゃんも大満足のようです。

つづく

旅程