"もも"でソウルへ

ぶたのしっぽ

"もも"でソウルへ

2012年10月26日

ママは、ミラノから帰って来たばかりなのに、またお出かけしようとしています。 まめちゃん、おでかけしようか。「やったー、ぶひぶひ」

あんまん

ママとまめちゃんは羽田からびゅーんに乗って、関西国際空港へやってきました。 午前11時です。ママはおやつを買ったみたいです。 「いただきます、ぶひ」。 だけど、ママはどこへ行くの?

カウンターの場所 チェックイン

ママは関空第1ターミナルのいちばんはじっこにやってきました。「Peach」って書いてます。(*)

「まめ、知ってるよ。Peachってももでしょ。」 おー、まめちゃん、英語がわかるんだ。そうそう、ももだけど、この桃は食べられないんだよ。 「???」

まめちゃんが不思議そうな顔をしています。「食べれないもも?」

チェックイン機 バーコードがついたメール レシートじゃないよ、搭乗券だよ

Peachは言わずと知れたLCC(Low Cost Carrier)です。ママは今日Peachでソウルへ向かいます。

ミラノから帰ってきてまだお休みがあったし、ソウルは3回行っているけど、サッカー観戦だけとか、 乗り継ぐだけなんてもので、街歩きをしたことがありません。1泊2日で気軽に行けるしね。

Peachはインターネットで予約すると、予約完了メールにバーコードが付いてきます。これをプリントして、 チェックイン機に読ませる必要があります。Low Costが徹底されています。 でも、難しくはないですよ。

Boarding Passはレシートみたいな紙です。なくさないように注意しましょう。

それから、手荷物を預けるのにも費用がかかります。ママは1泊なので荷物が少なかったから手荷物は持ち込みでOKでした。

なお、チェックインは結構並びました。

カードラウンジ

チェックインを済ませたら、手荷物検査を済ませ、出国手続きをします。

成田空港とはちがい、どちらもとても空いていてまったく並ばず通過できました。 搭乗までは時間があるので、カードラウンジでのんびりします。関空は、出国後にもクレジットカード会社の ラウンジがあるんです。実はPeachの搭乗ゲートとはかなり離れていましたけど。今日はJALじゃないので、 ソフトドリンクだけだけど、このラウンジで待てるのは結構うれしい。

Peachに乗ったよ

Peachの機体

搭乗ゲートからバスに乗って機体へ向かいます。混乱を防ぐため、奥の座席から先にご案内されます。

LCCは座席が狭いと聞いていたので、ママは1,200円追加して、一番前の少し広めの座席を確保しました。 バスを降りて、タラップを登り、機内に入ります。

どれにしようかな メニュー

関空は空いていたけれど、ママが乗ったMM005、ソウル行きは満席でした。 ほぼ定刻通りに出発。シートベルト着用サインが消えると、機内販売が始まります。

LCCは水一杯出ません。お水は、出国後の自動販売機などで購入するといいと思います。 ソウルでそのまま飲めるしね。ママがおやつを買ったのは機内食がないから。あんまんを買っていたけど、 せっかくPeachに乗ったんだから、何か買ってみようかなぁと思っていたら、まめちゃんはすでに メニューとにらめっこしていました。

「ぜんぶ、おいしそう、ぶひ」

ももシャーベット

まめちゃんは、ももシャーベットを食べたいそうです。300円。記念に買ってみるか。

かちかちに凍っていたので、少し溶けるのを待ってから食べました。

シャーベットを食べてひと眠りしたら、もうソウル上空でした。関空からソウルは2時間足らず。 近いですね。

ソウル

インチョン国際空港にほぼ定刻に到着。LCCだけどブリッジを使ってくれて、普通に降りれます。 時間帯が良かったのか、イミグレも空いていてすんなり通過。

空港で少し円をウォンに両替しておきます。そして、空港鉄道A'Rexの乗り場へ向かい、 韓国版パスモT-moneyにお金をチャージ。10000ウォン入れておきました。

1時間弱で、終点ソウル駅に到着。ここから今日のお宿へは地下鉄に乗るんだけど・・・

エスカレータ

地下鉄に向かうエスカレータの長いこと。加えて、地下鉄の乗り場へはほぼ駅を端から端まで 歩く感じ。うーん、荷物が多い人には辛いかも。スーツケースを持っている方には、空港からバスに乗ることを お勧めします。

A'Rexのいいところは、時間が読めて安いこと。確か3850ウォンだったかな。280円ぐらい。

トモレジデンス キー

今日のお宿は、ミョンドンにある「トモレジデンス」です。今年オープンしたばかりできれいでした。 日本人相手なのか、フロントにいらっしゃる方は日本人か、日本語が堪能な方ばかり。

今回の旅は1泊2日。便利な所に泊まりたかったのです。ダブルのお部屋が1泊5,600円。リーズナブル。 キーはタッチ式でセキュリティーもそこそこしっかりしています。欠点はエレベータがないこと。 荷物が多い方にはお勧めしません。

おかゆ屋さん エビのおかゆ

時刻は午後6時前。お腹が空いてきました。でも、ママは焼き肉が苦手だし、今日は一人。 軽く気軽に食べられるものをと思い、ミョンドンの街をうろうろして、適当にお粥屋さんに入りました。 ごめんなさい、名前を覚えていません。

エビのお粥は8000ウォン。「おいしい、ぶひ」

食後の散歩を兼ねてミョンドンの街を歩いてみました。東京で言うなら渋谷センター街って感じかな。 若い人が多いように思います。ママは、地図を頼りに適当に歩いてみました。

ソウルで気に入ったら買いたかったものがフラットシューズ。かわいいデザインが多く、安いんです。 気に入ったものを見つけて購入。ちなみに、ソウルも加盟店であればTax Refundが可能です。韓国の消費税は 10%。だいたい6.5%ぐらいが戻るみたい。書類を作っていただきました。

明洞ソウル汗蒸幕

ソウルで是非やってみたいことがありました。汗蒸幕(ハンジュンマク)です。 布をかぶってサウナに入るやつ、見たことありません?

事前に調べて、トモレジデンスの近くで営業している店を探していました。予約は入れていなかったけど、 日本語が上手な女性がご案内してくれました。 巻きスカートの様なものに着替えて、髪の毛は布製のシャワーキャップの様なものをかぶって、 遠赤外線のサウナに入ります。結構暑いんで、暑くなったら無理せず外に出てお水を飲みます。 慣れてくると、いい感じで汗をかいて気持ちが良くなってきます。

シャワーで汗を流して、お風呂に入ります。ヨモギ風呂となんだったっけかな?2種類ありました。

その後はベッドに横になり、あかすりされます。おばちゃんが結構力強くこすってくれるんですが、 これが結構クセになりそうな気持ちよさ。あかすり後は髪の毛をシャンプー&リンス。顔のパックは海藻と きゅうりどっちがいい?と聞かれ、きゅうりと答えると、その場ですりおろし、顔に置いてくれます。 冷たくて気持ちいです。

しばししたら、全部流し、今度は泥パック。乾いたらシャワーで流しておしまいです。

全部で1時間強ぐらいかな。

ソウルナビのクーポンを持参すると、おまけを選べます。私はカッピングにしました。 背中にあとがつくけど、血行がものすごくよくなります。うとうとしてました

終了して、着替えしたら、お茶のサービスが。そして、帰るときには韓国のりをおまけにくれました。

お宿に戻ったら、眠くなってきました。お風呂は済ませたし、もう寝るか。まだ10時前だけど・・・。Zzzz…。

2日目

汗蒸幕のおかげか、ものすごくよく寝れました。気づいたら午前8時を過ぎてます。おー、そろそろ起きて 朝ごはんを食べるか。

どれでもおすきなものを いただきまーす ガスコンロと洗濯機A

シャワーを浴びて、髪の毛を乾かし、朝ごはんを食べに行きます。

トモレジデンスには「休憩室」と呼ばれる台所みたいな部屋があって、朝はそこに簡単な朝食が用意されています。 パンとフルーツ、シリアル、卵、ドリンク、ヨーグルトと、ママには十分な内容です。 生卵とガスコンロ、フライパンがあるので、好きな人は卵料理を自分で作って食べることもできます。ちなみに、 フライパンの下に見えるのは洗濯機。自由に使っていいそうです。長期滞在する際にはべんりですね。

「いただきます、ぶひ」「おいしい、ぶひ」

朝から冷たい雨が降っているようです。傘を持って来たけど、うーん、これからどうしよう?。 フライトは午後7時過ぎだし、行ってみたいところもあるけど・・・、なんて考えながら、 ぼんやり本を読んでいましたが、宿のチェックアウトは12時で、それ以上はいられないから せっかくなんで雨だけど出かけることに。 チェックアウトして、荷物を預かってもらい、地下鉄に乗りました。

紅葉してます

ママが行ってみたかったのは三清洞エリア。地下鉄3号線安国駅で下車します。 プリントしてきた地図を頼りに歩いてみると、あちこちの木がキレイに紅葉していました。 雨だけど出かけてよかったかな。

Kim's Boutique おしゃれな通り

このエリアは、おしゃれなカフェが多いエリアです。

ママが行ってみたかったのはここ。Kim's Boutique。ワンピースが安くてかわいいとネットで評判の お店だったのです。混んでると聞いてたのだけど、雨のせいか、お客さんはいなくてゆっくり見れました。 試着して、気に入った1枚を買いました。

景福宮

地図に寄れば、ソウル屈指の観光スポット景福宮が近いようです。歩いてみますか。

が、雨がだんだん激しくなってきて、もう靴がぐちょぐちょ。しかも、さむーい。 辿り着いたけど、とても広そうなので、歩き疲れたし外から見るだけにしました。まめちゃん、 また来ようね

歩き疲れたし、少し雨宿りしたかったし、時刻はもう12:30。お腹がすいたので、適当に コーヒーショップに入って、サンドイッチとコーヒーで簡単にランチしました。 韓国っぽいものを食べたかったけど、このエリアにはそんなお店があまり見つからず、雨で歩きたくない せいもあって、なんだかどこでも食べれそうなものになっちゃったけど、一休みできたのはよかった。

その後、とりあえず免税店へ行ってみました。新羅免税店でdiscountが受けられるカードを作れそうだったし、 化粧品を買いたかったので。ここは、中国人で大盛況でした。

再び、宿の付近まで戻って来たのは午後3時前。 午後4時過ぎには明洞を出て空港に向かいたかったので、ちょうど1時間ぐらい余った感じ。 適当に見つけたマッサージ屋でフットマッサージを受け、宿で預けていた荷物を受け取って、地下鉄を乗り継いで 金浦空港へ向かいました。

ひこーきのごはん

帰りはJALです。LCCもいいけど、JALの快適さも捨てがたいもの。

「ごはん、おいしい、ぶひ」。さぁ、まめちゃん、帰るよ。